篠根果樹園日誌/北海道北見市のりんご園より

篠根果樹園よりの御連絡

本年もりんごの販売は9月末開始予定です。
宜しくお願いいたします。

オホーツク・オーチャード株式会社
代表取締役 篠根 克典

☆「旭りんごのシードル」
販売は下記お店にて行っております。
コミュニティプラザパラボさん:B1Fまやなぎ酒店様
網走番屋さん
酒舗稲村屋さん(北斗市)
☆「旭りんごのコンフィチュール」
販売は北見市内の下記お店にて行っております。
ファミリーレストランエフさん
雑貨屋regaさん
コミュニティプラザパラボさん:B1F食料品の果物売り場にあります
流氷街道網走さん (道の駅専用ラベル)
・遠方への発送は篠根果樹園ネット直売店でご注文を承っております。どうぞ御利用下さい。
コンフィチュール-アップ.jpg

果樹園直売所営業時間:8:30〜15:30
果樹園営業期間   :9月中旬〜11月初旬(りんごが売り切れ次第閉店)

*カタカナのシノネ観光果樹園様と、私ども篠根果樹園は全く別の果樹園です。お間違い無きよう、宜しくお願いいたします。
・何かご質問があれば、本ブログの「お問い合わせフォーム」を御利用ください。
*本ブログの「お問い合わせ」より御連絡頂く際には
必ず御連絡先を記載して下さいますようお願いいたします。

メールアドレス、またはお電話番号など、
御連絡先が分からないと、返信できませんので御了承下さいませ。

↓お問い合わせフォームはコチラです。
お問い合わせ

このブログについて

北海道でりんごが採れるって、ご存知ですか?
しかも余市周辺や函館の有名地域ではなく、極寒のオホーツク地方です。
寒い地方では、味が濃く締まった実が採れる反面、リンゴの樹に病気が付き易く、安定して生産するのは容易ではありません。
篠根果樹園は北海道北見市のりんご果樹園です。オホーツク海に近い寒ーいところです。 40年ほど前は、オホーツク地方にも上湧別、呼人、美幌など多くのりんご生産地帯がありました。 しかし、その殆どが高齢化やりんご価格低迷による経営難により辞めて行きました。
今では数軒残るのみ、それも今後減ることが予想されます。 北海道全体のりんご生産量は減り続け不振続きですが、より寒冷なオホーツク地方はもっと厳しい状態だったのです。 しかし、篠根果樹園は、地元の皆様に支えて頂いて現在まで生き残ってきました。 今後も、オホーツク地方のりんご生産の火を絶やさないよう頑張ってまいります。

本ブログは、北見市のりんご農家「篠根果樹園」内の日常の出来事、リンゴの成長の様子、その他諸々を記録するブログです。
また、私どものような弱小農家がインターネットが発達した現代社会を、どうやって生き抜くか?毎日、無い知恵を絞って考えております。 日々考えたこと、他の農家の方々にも役に立ちそうな情報、等など雑多に書いてまいります。 篠根果樹園ホームページと合わせて可愛がって頂けると幸いです。

私どもは、にほんブログ村、及びブログランキングに参加しています。
寒いオホーツク地域の地味なりんご農家を応援して頂ける方は
是非下のリンクをクリックお願いします。
皆様の応援クリックの一票一票がオホーツクのりんご生産存続の力となります。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ 人気ブログランキングへ

” 旭りんごのシードル ” どさんこプラザで販売!

” 旭りんごのシードル ” どさんこプラザ3店舗(東京、名古屋、札幌)にてテスト販売を行います。
販路開拓に時間がかかりまして、全国の旭ファンのお客様には大変ご迷惑をおかけしており、誠に申し訳ございません。
この機会に是非お買い求め下さいますよう、宜しくお願いいたします。

7月〜9月、3か月期間限定でのテスト販売です。
販売開始予定日は、各店舗若干異なり下記のようになっております。よろしくお願いいたします。
東京有楽町店:7月1日頃
名古屋店  :7月3日頃
札幌店   :7月6日頃
*売れ行きが好調であれば、10月以降も販売を継続することができますので、ご協力いただけると幸いです。

*『旭りんごのシードル』は昨年の東京シードルコレクション、今年2月の北海道シードルコレクションにて試飲提供した商品です。
原料は旭100%、酸味が効いたスッキリとした辛口のシードルです。
こってりした肉料理、魚料理などに良く合うと思います。

容量: 330mL アルコール分: 5%酸化防止剤(亜硫酸塩) 希望小売価格:1500円(税抜)

オホーツク・オーチャード(株)
代表取締役 篠根 克典

旭とシードル-1280px (1).jpg

テスト投稿

ブログの新機能テストのための投稿です

直売所閉店のお知らせ

本年も沢山のお客様にお越し頂いて、誠にありがとうございました。

過労による体調不良のため、直売所の営業を継続することが出来なくなりました。
申し訳ありませんが、本年は11月8日を最後に閉店させて頂きます。

オホーツク・オーチャード株式会社
代表取締役 篠根 克典