窓に咲く氷の華/しばれる北見地方 - 篠根果樹園日誌/北海道北見市のりんご園より

窓に咲く氷の華/しばれる北見地方

今日の北見は、”しばれ”ました。
最低気温が氷点下16度でした。
2月の初旬には毎日氷点下20度近い日が続きますが、
12月で氷点下16度は寒いほうです。

しばれると窓に氷の芸術が出来ます。
最近は家が立派になって、結露が少なくなっているので見る機会が減っているかも知れません。夜のうちに窓に結露した水分が徐々に凍結して、氷の華ができます。氷の結晶が窓の端のほうから、ゆっくり成長するのです。

窓の氷華2.JPG

窓の氷華1.JPG

木の枠の古い窓だった頃は、実に見事な華が咲いたものです。
しばれた寒い朝、我慢して布団から起き出し、窓を見ると感動的な光景が
広がっていたものです。

自然の作り出す、不思議な美の世界ですね。
【果樹園情報>北海道果樹農家の生活の最新記事】

にほんブログ村、ブログランキングに参加しています
ポチッとクリックして、応援宜しく御願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

にほんブログ村、ブログランキングに参加しています
ポチッとクリックして、応援宜しく御願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ

この記事へのトラックバック