雨の後は、雪が溶けて氷でツルンツルン - 篠根果樹園日誌/北海道北見市のりんご園より

雨の後は、雪が溶けて氷でツルンツルン

12月20日に気温がプラス7度まで上がって、雪が少し溶けたのは良いのですが、そんな暖かい日々は続きません。不完全に溶けた雪は、そのまま固まり、家の前は氷の世界となりました。
家の前の氷_20101221.JPG

踏み固められた雪と氷では、全然違います。
雪ならば大した事はありませんが、氷はツルツルに滑ります。

北見市のような寒い地方では、下手にプラスの気温になると危険です。
雪が少し溶けても、完全には溶けません。
翌日、気温が下がると、氷になります。
道路はツルツル、アイスバーンどころではありません。
完全に氷です。

車も、人も急には止まれません。
本当に危ないですよ。
街中でも、車がズルズル滑っている様子が頻繁に見られます。
12月の後半に、なんで雨が降るんでしょうね?
12月の雨は北見では季節はずれです。
【果樹園情報>北海道果樹農家の生活の最新記事】

にほんブログ村、ブログランキングに参加しています
ポチッとクリックして、応援宜しく御願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

にほんブログ村、ブログランキングに参加しています
ポチッとクリックして、応援宜しく御願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174531268
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック