太陽系から20光年、生命生存の可能性のある惑星が見つかった! - 篠根果樹園日誌/北海道北見市のりんご園より

太陽系から20光年、生命生存の可能性のある惑星が見つかった!



生命が生存可能な惑星が見つかったそうです。
地球から20光年の距離にある赤色矮星「グリーゼ581(Gliese 581)」のまわりを公転する惑星「グリーゼ581d(Gliese 581 d)」という惑星らしいです。

赤色矮性ですから小型の恒星でしょう。しかし、惑星であるグリーゼ581dのほうは地球の7倍の質量を持ち、大きさは約2倍、大きめですね。

水が液体で存在できる環境にあるというだけで、もちろん生命が確認された訳ではありません。でも、夢のある話ですね。
しかし、光のスピードで20年かかる20光年という距離、現在の技術では到達不可能。SFに出てくるワープ航法でも開発されない限り難しいですね。

やっぱり夢ですね。

↓ご興味のある方は、ウィキペディアの「グリーゼ581」の記事をご参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BC581

にほんブログ村、ブログランキングに参加しています
ポチッとクリックして、応援宜しく御願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

にほんブログ村、ブログランキングに参加しています
ポチッとクリックして、応援宜しく御願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ

この記事へのトラックバック