北見周辺の地域情報>その他 - 篠根果樹園日誌/北海道北見市のりんご園より

赤い狐と緑の狸の飛び出しに注意?!

北海道特有の道路標識と言えば、これ。
「シカ注意」

シカが飛び出してくるかも知れないから注意して下さい、と言う標識です。
よくある標識はこのタイプ
シカ注意標識_2011-8-3.JPG

標識だけでは足りず、横断幕もあります。
シカ横断幕_2011-8-3.JPG

しかし、ある情報筋から北海道の高速道路で
「赤い狐」と「緑の狸」の出没に注意しろ!と言う標識があるという噂を聞きました。

旭川から札幌に向かう高速道路で目を皿のようにして探したところ、
遂に見つけました!
これです。
赤い狐と緑の狸_2011-8-3.JPG

この標識を作るに当たって、どこかの食品メーカーが出資したのでしょうかね?

北海道は松の花粉でイッパイ!

謎の黄色い粉

ここ1−2週間、屋外で黄色い粉末を見ることが多くなりました。
屋外に水を入れたバケツを置いておくと、この通り。
水面に浮いた黄色い粉が、外周部に固まっています。
松花粉_2011-6-11.JPG

採取して来て、子供の頃使っていた顕微鏡で見てみました。
(写真撮影は出来ない顕微鏡なので、写真はありません。済みません)

丸くて、中央に一本線が入っています。
砂や、埃ではないようです。
花粉かな?と思ってインターネットで調べて見ました。

北海道では、白樺花粉が花粉症の原因になることが多いようです。
「白樺」で検索すると花粉の顕微鏡画像が出てきました。
丸い形に、小さい突起が3つ。

これじゃないなー。

松の花粉

果樹園の周りに松の木が多く生えていて、風が吹くたびに黄色い粉が漂っていたのを思い出して、「松」で検索してみました。やはり顕微鏡写真が見つかりました。丸くて、真ん中に一本線が入っています。

これだ!

しかし、何でこんなに松の花粉が飛んでいるんでしょうね。
北海道内で松花粉が大量飛散していると、ニュースでも取り上げられていました。昨年の猛暑の影響らしい。

ニュースでは松は花粉症の原因にはならないと言っていましたが、本当でしょうか?今までは松による花粉症は報告されていない、と言うことでしょうね。松の花粉も大量飛散すれば何が起こるか分からない。

私の経験上、花粉症というのは異常に大量の花粉を浴びるとスイッチが入って急に発症します。以前、神奈川県に住んでいたころ、山の近くに引っ越したことを切っ掛けに急に花粉症になりました。山には杉が沢山生えています。本州で有名なスギ花粉症です。
それまで私は花粉症とは全く無縁だったんですよ。

現在、私は時々変なくしゃみが出ます。松花粉の影響のような気がします。

北網圏北見文化センター

北網圏北見文化センターは、
プラネタリウム、科学館、博物館、天文台などが集まった北見市にある文化施設です。
北網圏-建物.jpg

博物館には、北見の縄文時代の土器や、
北海道と本州の時代区分の違い(本州が弥生時代・古墳時代〜と進んでも、北海道では縄文時代が続いていた)などが展示されています。
北網圏-縄文時代の生活.jpg
北網圏-縄文土器.jpg

また、北見市は、坂本竜馬の甥、坂本直寛が組織した北光社移民団が四国の土佐からはるばる北海道に移住して来て、原野を切り開いたところから歴史が始まっています。このような開拓時代に関連する展示もあります。
北網圏-開拓時代の生活.jpg

科学館には、宇宙・地球、北見周辺の生き物といった展示物、
地震や台風体験を始め、触って試して楽しめる設備が沢山あります。
私はエンジンの実物に心惹かれました。車のエンジンだけでなく、プロペラ飛行機、ジェット機のエンジンも展示されています。(ジェット機のエンジンを展示しているところは少ないですよ)

建物の入口に鎮座しているソーラーカーもインパクト十分ですよね。
北網圏-ソーラーカー.jpg

北見市内の小中学生は無料、北見市以外の小中学生も安い料金で利用できます。
日本の将来を担う若者たちよ、是非利用して見分を広めてください。

↓ホームページはこちら
http://business4.plala.or.jp/bunsen21/