お役立ち情報>農園・店舗の宣伝方法 - 篠根果樹園日誌/北海道北見市のりんご園より

ネット販売体験記3/ネットショップを作る前に

ネットショップを開業するのは、それほど難しいことではありません。
細かい作業が多くて、少々面倒ではありますが....
(しかし、継続的に売り上げを上げていく事は本当に難しい)

☆ショップを作り始める前に確認事項がありました。

扱う商品によっては保健所や税務署への届け出が必要になるそうです。
例えば、↓このサイトを見て確認しておきましょう。
http://www.netdeoshigoto.com/lecture/chapter1_1_01.html

☆あと考えておくべき重要事項がもう一つあります。
A.ホームページとネットショップを別に作るか?
B.ホームページの中にショッピングカートを載せるか?
C.ネットショップの中に簡単な会社紹介などを入れてホームページと兼用するか?

A,B,C どのスタイルをとるか?
ホームページとショップのどちらをメインにするか?という選択ですね。

は、ホームページとネットショップをそれぞれ独立に運営するやり方。私はこの方法を取りました。ホームページは果樹園の紹介、ネットショップはリンゴの販売。とそれネットショップぞれの役割に専念できるので、スッキリした作りになります。

は、ホームページの中にショップを開設するので、特定商取引法のページを入れる必要もあり、ちょっとゴチャゴチャするでしょうね。でも、扱う商品数が少ない場合はこれで良いかも知れません。
ネットショップ開業サービスはこのようなものを使います。
Xcart
;月額1000円くらいで低価格。




・独自ドメイン無料!e-shopsカート2

;ショッピングカートのみのプランと、サーバーつきプランがあります。





は、ネットショップがメインで、その中に会社紹介を付け加える程度。取扱い商品数が多い本格的なネットショップは、このタイプが多いようです。
有名な楽天や




ショップサーブ

;こちらも商品点数の多い大規模ショップに向いていますね。


ネット販売体験記2/ネットショップ開業サービスは様々

私どもは昨年よりカラーミーショップでネット販売を始めました。インターネットを使った販売は全く初めてだったのですが、何とか販売することが出来ました。しかも、始めたのは9月初旬、リンゴの販売開始は10月初旬ですから、準備期間は1か月しかありませんでした。

カラーミーショップ
では、簡単にネットショップを作ることができるように工夫されています。まずは、30日間の無料体験で実際にネットショップを作ってみることです。他の会社でも無料体験期間がありますので、幾つか作ってみることをお勧めします。
私も、カラーミーショップと【MakeShop】
、ZeroShop、3つの会社で実際に店舗を作って見て、一番しっくりきたカラーミーショップに決めました。上記3つは、安くネットショップを開業できるサービスの代表格です。


どこのサービスを使うのか決めるときに、意外と重要なのが決済です。カラーミーショップもMakeShopそれぞれ決済代行会社と提携しています。決済代行会社も、小規模な個人事業に向いているところと、大規模なショップに向いているところ、色々あります。
私の調べたところでは、イプシロン、NP後払い、あたりは小規模ショップでも使いやすいが、GMOペイメントゲートウェイ、ZEUSなどは大規模ショップ向きです。
特に、私ども農家は秋にしか売り上げが発生しない訳で、毎月徴収される高額な月額費用は無駄です。その点、カラーミーショップと提携しているイプシロンは月額費用無料のプランがあって非常に助かります。

ネットショップ開業サービスは様々です。
御自分の目的に合ったものを選びましょう。

既にあるオームページにショッピングカートを設置するタイプ
Xcart

;月額1000円くらいで低価格です。




・独自ドメイン無料!e-shopsカート2

;ショッピングカートのみのプランと、サーバーつきプランがあります。




本格的なネットショップ作成向き
ショップサーブ

;こちらは商品点数の多い大規模ショップに向いていますね。




ちょっと変わったタイプ
無料ショッピングカート付きレンタルサーバー

;ショップを宣伝してくれるアフィリエイターを自分で募集できる機能が付いています。低コストで宣伝できる訳ですね。





また後ほど、続きを書きます。

ネット販売体験記1/インターネット販売を始めるには?

果樹農家は、卸売市場への出荷だけでは生き残るのが厳しい時代となりました。消費者の方々にリンゴを直接販売しなければ収入が安定しません。

私ども篠根果樹園は平成に入ってから、直売所での販売、リンゴの樹オーナー制、とお客様に直接販売する体制を作ってまいりました。そして、昨年からホームページを開設し、インターネットによる販売を始めました。

北海道の弱小農家でも、生産した農産物を全国のお客様に直接販売することができる。通信技術の進歩のお蔭で、便利な時代になったものですね。

インターネット販売は安い経費で全国のお客様に商品を販売できるのが特長です。パソコンが全くダメな方には難しいかも知れませんが、家にパソコンがあってインターネットを見ている方であれば少し勉強すれば出来ると思います。

これからネットショップを始めようという方には、私の少ない経験でも役に立つかもしれません。と言うわけで、昨年のネット販売で経験したことを書いて見ようと思います。


☆インターネット販売を始めるために最低限必要なもの;
・販売する商品
・インターネットに接続されたパソコン
・最低限のパソコンの知識
 パソコンのハードウェアに関する知識
  (ハードディスク、CPUって何?くらいのレベル)
 インターネットに接続できる位のソフトウェアの知識
 キーボードで文字を打ち込めること

・電話(お客さんからの問い合わせを受けるために、あった方が良い)

☆ネットショップを作る
ネットショップを作るには、ネットショップ開業サービスを提供している会社と契約するのが手っ取り早いです。ネットショップ開業サービスにはZero Shopなど無料で作れるネットショップもありますが、無料であるがゆえに丁寧な説明は期待できません。経験の無い方であれば、有料の会社をお勧めします。
以下の会社は低価格でショップを作れるのでお勧めです。

カラーミーショップ
;安いライトプランは年間10500円

カラーミーショップ!ミニ;月額263円のレンタルサーバーロリポップ!を契約すると、ショッピングカート機能も付いていて、簡単なネットショップを作ることが出来ます。

【MakeShop】
;安いプランは初期費用10500円のみ。資料請求すると詳しい説明テキスト(DVD入り)が送られてきます。

因みに私は、カラーミーショップのライトプランを選びました。無料体験で実際にショップを作ってみて、一番しっくりきたのが理由です。このへんは個人の好みなので、どれを選んでも問題ないと思います。

本格的なネットショップを開業されたい方は、楽天やYahooショップを検討された方が良いでしょう。これらの大手通販サイトは、私どものように農産物を販売する用途には立派すぎます。秋にしか販売しない農産物のために、毎月数万円の運営費を取られるのは馬鹿馬鹿しいですから。

でも、さすがネット業界の大手楽天です。資料請求するとボリュームたっぷりの冊子が送られてきます。↓この資料、読むと勉強になります。





また後ほど、続きを書きます。