お役立ち情報>インターネット - 篠根果樹園日誌/北海道北見市のりんご園より

Facebookの「いいねボタン」をホームページに掲載する方法

ホームページ運営上の細かい技術的な話題で済みません。Webサイトを運営している方で、もしお役にたつ情報であれば参考になさって下さい。私自身の忘備録も兼ねています。

Facebookの「いいねボタン」の効用

今年に入ってFacebookの会員数が急激に伸びています。映画でも話題になったソーシャルネットワークのフェースブックです。インターネット上で様々な人々とメッセージ・チャット・写真などをやり取りして交流することが出来ます。実名登録が必要なことが従来から日本にあるMixiとは異なっています。しかし、実名登録のゆえに、昔の知人を探してメッセージを送ったり、近況報告をすることが出来ます。

このFacebook、「いいねボタン」という便利なものがあります。自分がフェースブック上の仲間に見てもらいたいWebサイトを紹介したいとき、従来ではURLをコピーしてリンク先を明示する必要がありましたが、フェースブックではWebサイト上の「いいねボタン」をクリックするだけで自動的に仲間に紹介されます。

サイトを運営している側から見ると、「いいねボタン」によって自分のサイトを宣伝して貰える機会が増えるわけです。
但し、「いいねボタン」がWebサイト上に設置されている必要があります。そのためには、ページ内にコードを書き加えることになります。

ソースコード

私は、↓このサイトを参考にさせて頂いて、篠根果樹園ホームページに「いいねボタン」を設置しました。
http://www.waldiz.com/article.php/facebook-xfbml
続きを読む

Facebookは今年流行するでしょう

フェースブック(Facebook)は、世界最大のソーシャルネットワーク(SNS)です。
世界中のユーザー数は6億人、日本ではまだ少なく、200万人とのことです。
今、Googleが最も恐れているのがFacebookと言われているそうです。あの巨大企業のGoogleがライバル視しているというから、相当なんでしょうね。

Facebookと日本で有名なSNSのMixiとを比べてみると、大きく違うようです。

・Mixiはハンドル名が普通ですが、Facebookは実名が基本。
 →Facebookでは、知り合いを検索して連絡を取ることが出来ます。
 Mixiはハンドル名なので探しようが無いのです。Facebookは実名を出しているので、
 あまりに無責任な発言は出来ません。

・Mixiは日記を公開して、これを元に繋がりを作りますが、
 Facebookは行動やイベント(AさんとBさんが友達になりました、AさんがBさんの写真にコメントしました、など等)がTwitterのように逐一記録されて表示されます。ここから繋がりを作って行きます。友達向けのお知らせや、商品売り込みも可能です。商用利用が禁止されているMixiとの大きな違いです。
 
 Mixi  ;商用利用が禁止
 Facebook;商用利用OK


私も始めてから日が浅いのですが、8年前に勤めていた会社の同僚から突然連絡が来たり、友達の友達(会ったことは無い人です)から友達申請が来たり、びっくりすることが沢山おきています。
(会ったことが無い人でも、プロフィールや過去の発言履歴から、どんな人かは分かる。)

昨年はTwitterが流行しましたが、今年はFacebookが流行するでしょうね。
映画でも話題になりましたしね。

登録したい方は、このブログのサイドバーにある私の写真をクリックしてください。メールアドレス、氏名など入力すれば誰でも登録できます。

フェイスブック(Facebook)に登録しよう!

映画でも有名になりましたが、フェイスブックをご存知ですか?
世界最大のソーシャルネットワーク(SNS)です。
2010年から本格的に日本でもサービスを始めました。

ソーシャルネットワークというと、インターネット上で知り合いを作ったり、情報交換できる仕組みですね。
日本ではミクシィ(Mixi)が有名です。
ミクシィとフェイスブックを比べてみると、ハンドルネームでの登録が多いミクシィに対して、実名登録が基本のフェイスブックというように、中身は結構違います。

ミクシィと比べると、フェイスブックのほうがビジネス向きと言えるでしょう。

ミクシィ上で宣伝活動などの商用利用は原則不可ですが、フェイスブックはOKです。
ますます、ビジネス向きですね。

....と、良く知ったように書いていますが、実は私もフェイスブックに登録して間もない初心者です。

このフェイスブックの歴史、背景、登録方法から、使い方まで丁寧に解説しているサイトを見つけました。期間限定で無料公開されているようなので、必要な方は早めに御覧ください。

→ フェイスブック動画マニュアル