リンゴ情報>リンゴ豆知識・雑学 - 篠根果樹園日誌/北海道北見市のりんご園より

幻のリンゴ「旭」/英語名マッキントッシュ

皆さん、「旭」と言う品種を御存知ですか?
旭_2012-9-26.JPG
「旭」というのは、1811年にカナダで発見された非常に古い品種です。発見者がMcIntosh氏なので、マッキントッシュと命名されたそうです。
有名なアップル社のコンピューターの名前ですが、これは元々はリンゴの名前です。
アップル社のロゴにもなっているリンゴ、日本名は「旭」と言います。
このリンゴのルーツは非常に古く、19世紀の前半のカナダに遡るようです。

旭が日本に導入されたのは明治時代、その後北海道では3〜40年くらい前までは非常に身近なリンゴでした。庭先に植えている家も多かったようです。現在市販されているリンゴとは全く異なり、酸味が強く、また古い品種独特の良い香りがあります。しかし、品種改良で甘いリンゴが出来ると、酸味が強い旭は敬遠されて人気が無くなり、栽培する農家も減りました。そして遂には入手困難な希少リンゴとなってしまったのです。

それでも北海道には熱烈な旭ファンが多く、年配の方の中には、旭の味を懐かんで涙を流しながら食べる方もいるほどです。
旭は寒冷地に適した品種で、北海道、中でも特に寒冷なオホーツクの旭は最高品質です。北見市の更に北方、上湧別という町には旭の有名な大産地があったそうです。今は上湧別ではリンゴの生産を行っていませんが、我々北見市の篠根果樹園では歴史ある旭を絶やさないように大切に守リ続けております。

篠根果樹園では、10月初旬より「旭」を販売しております。10月初めの出始めの時期は酸味が非常に強かったのですが、10月中旬以降だんだんと甘みが出てきました。
インターネットでも販売しておりますので、ご興味のある方は是非お試しください。


↓今年は北海道新聞にも取り上げて頂きました。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/agriculture/413590.html

リンゴの葉の跡は美味しさの証し

リンゴの葉は光合成によって糖分を生成しています。この糖分が果実に送られることで、リンゴの実は美味しくなっていくのです。

でも、リンゴの実の葉の影になった部分には赤い色が付きません。色の良いリンゴを収穫するためには、「葉摘み」と言う作業を行ってリンゴの実を覆っている葉を取り除きます。
葉切り前のリンゴ
葉きり前.JPG
葉切り後のリンゴ
葉きり後.JPG

葉を摘むと確かに色は良くなります。でも、美味しくなるんでしょうか?
葉を取ると、葉で生産される糖分が減ることになります。
美味しくなりませんね。

しかし、人間誰でも綺麗な色のリンゴが食べたいものです。色の悪いリンゴ、色むらのあるリンゴは売れません。消費者の皆さんの御要望にお応えするために、リンゴ農家はやむをえず「葉摘み」という面倒な作業を行っているのです。

本州の大産地などでは、リンゴの周囲にある葉を手作業で全て取り除く強い「葉摘み」が行われています。また、リンゴの太陽が当たらない側にも着色させるために実を回転させる「玉回し」。更にりんごの下側も着色させるために、リンゴの樹の下の地面に銀色の太陽光線を反射するシートを置きます。このような過剰な手間暇を費やして皆さんがスーパーなどで見る全体が真っ赤なリンゴは生産されています。
確かにリンゴ全体に赤い色がついて見た目にキレイな実になります。しかし、味はどうなるのでしょうか?地面から太陽光線を反射しても、糖分を生産する葉の多くが取り除かれて無くなっています。

篠根果樹園では、「葉摘み」はハサミで一枚一枚丁寧に行います。切り取るのは、リンゴの実に密着した葉など必要最低限に留めています。そのため多くのリンゴに、薄く葉の跡が残っています。

篠根果樹園のリンゴに葉の跡が見えたら、これこそ美味しさの証しだと思ってください。

篠根果樹園では、沢山の葉を摘み取る「葉摘み」でなく、最小限の葉を慎重にハサミで切る「葉切り」。これはお客様に美味しくて色の良いリンゴを食べて頂くための当園のこだわりです。

マッキントッシュ/日本名は「旭」というリンゴ

マッキントッシュ
有名なアップル社のコンピューターの名前ですが、これは元々はリンゴの名前です。
アップル社のロゴにもなっているリンゴ、日本名は「旭」と言います。
このリンゴのルーツは非常に古く、19世紀の前半のカナダに遡るようです。
↓詳しい歴史は、こちらのサイトで詳細に記されています。
http://homepage3.nifty.com/malus~pumila/appls/asahi/asahi.htm


「旭」は寒い地方に適した品種で、北海道では古くから栽培されています。特に北海道のオホーツク海側で栽培が盛んだったとのことで、上湧別に「旭」の一大産地があったそうです。しかし、リンゴを栽培する農家が激減したことと、「旭」の酸味が敬遠されて甘い品種に切り替わって行ったことにより、「旭」は幻のリンゴになってしまいました。現在では、一般の店頭に並ぶことは殆どありません。

私も子供の頃に、この甘酸っぱい「旭」を食べて育ちました。近頃の甘いリンゴとは全く違った、懐かしい味です。

篠根果樹園では、10月初旬より「旭」の販売を開始します。10月初めの出始めの時期は酸味が非常に強いのですが、10月中旬以降だんだんと甘みが出てきて甘酸っぱくなります。
篠根果樹園ネット直売店でも販売いたしますので、ご興味のある方はお試しください。

Asahi-380.JPG