リンゴ情報>リンゴのレシピ - 篠根果樹園日誌/北海道北見市のりんご園より

リンゴたっぷりアップルクーヘン

ドイツ風らしいのですが、リンゴを使った簡単ケーキ(お菓子?)を作りました。
レシピや、他の詳細は妻より聞きました。

【材料】
リンゴ;中3−4個
薄力粉;200g
卵;4個
砂糖;80g
バター;130g
ベーキングパウダー;小さじ2
その他;くるみ、アーモンドなど

【作り方】
@卵4個、砂糖をボールに入れ、泡で線がかけるくらいまで泡立てる。
Aバターは湯煎か、電子レンジで溶かしておく。レンジの場合1分くらい。
B薄力粉、ベーキングパウダーは振るいにかける。
C @にBとAを入れて混ぜる。
D耐熱性容器(写真は電子レンジ付属のもの)にクッキングシートを敷き、
Cを流し込んで平らにする。
アップルクーヘン1.JPG

E
リンゴを1cmくらいの厚さに切り、Dの上に並べる。
アップルクーヘン2.JPG
アップルクーヘン3.JPG
お好みで、くるみ、アーモンド、ナッツなどを振りかける。

F
180度に予熱したオーブンにいれて、30分焼く。
アップルクーヘン4.JPG
↑完成しました。

一応ウチはりんご屋なので、大量のリンゴを乗せていますが(りんご屋の特権?)
リンゴを薄めに切るとか、ある分に応じて適宜調整して頂いて良いと思います。
この料理は簡単で早くできる(30分少々)ので、急いで作りたいときに
便利とのことです。
皆様、是非お試しあれ。

リンゴは、酸味のある品種が良いと思います。(好みもあるでしょうけど....)
篠根果樹園のリンゴでは、旭かジョナゴールドが美味しいです。
甘いリンゴを使うとボケタ感じの味になってしまいます。

(前半の写真は撮り忘れました。すみません。)

薪ストーブにリンゴを放り込む、豪快な焼きリンゴの作り方??

インターネットを見ていたら、薪ストーブで焼きリンゴを作る という話題があったので、実験してみました。

前に電子レンジで焼きリンゴを作ったときと同じように、「簡単」がモットーです。
作り方は、リンゴをアルミホイルで包んで、ストーブに入れるだけ。

リンゴを丸ごと、アルミホイルで包みます。
ストーブで焼きリンゴ1.JPG
ストーブで焼きリンゴ2.JPG

薪ストーブに投入。
ストーブで焼きリンゴ3.JPG

15分置いて取り出しました。美味しそう!
ストーブで焼きリンゴ4.JPG

手で皮をむいて見ると、むけるのですが場所によって加熱具合が違う。まだ、固いところがあります。全体を均一に加熱するのは、難しいようですね。
ストーブで焼きリンゴ5.JPG

味は美味しいかったですよ。
しかし、ラップで包んで電子レンジに入れたほうが、むら無く加熱できるし、短時間で出来ます。

焼きリンゴを簡単に作る方法;
電子レンジと薪ストーブ方式の勝負は、電子レンジの勝利です。

電子レンジでの実験については、
電子レンジで焼きリンゴは作れるか?
をご参照下さい。

電子レンジで焼きリンゴは作れるか?⇒簡単にリンゴジャムを作る方法

電子レンジでリンゴを加熱したら、どうなるか?

実験してみました!

実験方法;

なるべく簡単にと言う方針で
リンゴは丸ごと使用、ラップでリンゴ全面を包んだだけでレンジで加熱します。

実験;

今回は小さめのジョナゴールドを使用しました。もちろん、篠根果樹園産のリンゴです。
約20cm角に切ったラップの上にリンゴを置き、包みます。
そして、そのまま電子レンジに入れ3分加熱。

2分過ぎた頃から、ジュウジュウいい始め、いい香りがしてきました。
少し汁が出てきましたが、外から見ていても大きな変化は見えません。

これが取り出したリンゴです。皮が一部弾けています。
電子レンジ焼きリンゴ1.jpg

これは焼きリンゴ?焼いていないから焼きリンゴとは言わないなー。

半分に切ってみました。全体に加熱されていて、いい感じです。
電子レンジ焼きリンゴ2.jpg

皮はツルンと簡単に手でむけます。
剥いたあとの果肉の表面に赤い色が残っていて、じつに綺麗です。
電子レンジ焼きリンゴ3.jpg

で、お味のほうは....?

皮を剥いて、スプーンで食べました。
まさに焼きリンゴの感じで、美味しい。ジョナゴールドの酸味も残っていて、いい味でした。わーい(嬉しい顔)

また、ナイフで皮をむくと、芯をくり抜く時に果肉を少々捨てることになりますが、
今回の方法では、芯の直ぐ近くまで無駄なく食べられることが分かりました。

また、柔らかくなった果肉を取り出してスプーンなどで潰せば、そのままリンゴジャムになります。
これこそ「最も簡単にリンゴジャムを作る方法」ですね。

皆様、是非お試しあれ。