篠根果樹園日誌/北海道北見市のりんご園より

篠根果樹園よりの御連絡

☆「旭りんごのコンフィチュール」発売中です!
販売は北見市内の下記お店にて行っております。
ファミリーレストランエフさん
雑貨屋regaさん
・遠方への発送は篠根果樹園ネット直売店でご注文を承っております。どうぞ御利用下さい。
コンフィチュール-アップ.jpg
☆直売所閉店のお知らせ
 2016年のりんごは完売しました、直売所は閉店しております。2017年の販売開始は9月下旬を予定しております。宜しくお願いいたします。

*カタカナのシノネ観光果樹園様と、私ども篠根果樹園は全く別の果樹園です。お間違い無きよう、宜しくお願いいたします。
・何かご質問があれば、本ブログの「お問い合わせフォーム」を御利用ください。
*本ブログの「お問い合わせ」より御連絡頂く際には
必ず御連絡先を記載して下さいますようお願いいたします。

メールアドレス、またはお電話番号など、
御連絡先が分からないと、返信できませんので御了承下さいませ。

↓お問い合わせフォームはコチラです。
お問い合わせ

このブログについて

北海道でりんごが採れるって、ご存知ですか?
しかも余市周辺や函館の有名地域ではなく、極寒のオホーツク地方です。
寒い地方では、味が濃く締まった実が採れる反面、リンゴの樹に病気が付き易く、安定して生産するのは容易ではありません。
篠根果樹園は北海道北見市のりんご果樹園です。オホーツク海に近い寒ーいところです。 40年ほど前は、オホーツク地方にも上湧別、呼人、美幌など多くのりんご生産地帯がありました。 しかし、その殆どが高齢化やりんご価格低迷による経営難により辞めて行きました。
今では数軒残るのみ、それも今後減ることが予想されます。 北海道全体のりんご生産量は減り続け不振続きですが、より寒冷なオホーツク地方はもっと厳しい状態だったのです。 しかし、篠根果樹園は、地元の皆様に支えて頂いて現在まで生き残ってきました。 今後も、オホーツク地方のりんご生産の火を絶やさないよう頑張ってまいります。

本ブログは、北見市のりんご農家「篠根果樹園」内の日常の出来事、リンゴの成長の様子、その他諸々を記録するブログです。
また、私どものような弱小農家がインターネットが発達した現代社会を、どうやって生き抜くか?毎日、無い知恵を絞って考えております。 日々考えたこと、他の農家の方々にも役に立ちそうな情報、等など雑多に書いてまいります。 篠根果樹園ホームページと合わせて可愛がって頂けると幸いです。

私どもは、にほんブログ村、及びブログランキングに参加しています。
寒いオホーツク地域の地味なりんご農家を応援して頂ける方は
是非下のリンクをクリックお願いします。
皆様の応援クリックの一票一票がオホーツクのりんご生産存続の力となります。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ 人気ブログランキングへ

リンゴの花、満開です!

リンゴの花3_20150512.JPG
リンゴの花2_20150512.JPG

只今、リンゴの花盛りです!
平年と比べたら3週間近く早く生育が進んでいます。
気候が温暖化していますね、平年と比べても意味が無いのかも知れません。

リンゴの花が咲きましたよ!

リンゴの花1_20150512.JPG

リンゴの花、まもなく満開です。
今年の冬は大雪で枝が折れたりと大きな被害が出ましたが、春から温暖な気温が続きリンゴの生育がどんどん進みました。昨年も開花が早かったのですが、今年は更に3−4日早い開花となりました。

千両梨は数日前に既に満開となっております。(下の写真)
千両梨満開20150507.JPG

余りに早い春の訪れに、みんな急いで花を咲かせていますね。
この調子だと、収穫も早くなりそうです。

ネズミの食害、大きいです

今年の冬に深く積った雪、この雪の下でネズミたちが大活躍。
ネズミに齧られた北上_20150503.JPG
根元の皮を一周食べられました。
この木は、根から吸収した養分を送ることが出来なくて枯れてしまいます。泣く泣く伐採しました。

食べるものの少ない冬にはリンゴの木の皮が貴重な食料になるようです。
通常、若い木はネズミに狙われやすいのですが、今年は古い木もやられました。
地球温暖化の影響でネズミたちの習性も変わってきたのでしょうか?

有効な対策を考えないと、果樹園存亡の危機が訪れます。